監事の監査報告書への署名について

監事の監査報告書への署名について

投稿記事by 移行後も悩める事務職員 » 2017年3月10日(金) 14:14

いつもお世話になっております。

以前にも、同内容の質問をさせていただいておりますが、
確認させてください。

当財団は、監事2名(A氏B氏)としております。
これまで監査は、計算書類と理事の職務執行及び公益目的支出実施報告書について、監査日を設け、2名同日に出席し監査いただき
連名で署名押印をいただいております。

しかし、28事業年度の監査日に、病気療養中であるA氏が監査日に来られないためB氏1名に監査いただき署名押印を頂戴する予定です。

以前の質問時に、監事は個々に監査する義務があり、やむを得ない事情がない限り、独自に監査し、報告書を各自提出または連署する必要があり、
また、B氏の監査報告の内容に同意されるなら連署できるものと考えられ・・との回答をいただきました。

そこで、質問です。
①現在病気療養中のため、監事としての、職務を遂行できない状況(書類のチェック等が不可能にある方)に連署いただくことはできないと思いますが、
B氏の署名した監査報告書の内容に同意します(意見の一致)という意味で、連署することはできる、という意味なのでしょうか?
(書類をチェックせずに連署してよろしいのか、と考えた次第です)

②また、これまで雛形は、2名連署の監査報告書で提出していましたが、若し①の回答がNGのときはB氏1名単独署名の監査報告書となりますが、
 このとき、これまでの連署用の雛形に上段にB1名のみ署名し、下段1名は空欄とした報告書の方がよいのでしょうか?


 ご回答よろしくお願い申しあげます。
移行後も悩める事務職員
 

Re: 監事の監査報告書への署名について

投稿記事by 太田達男 » 2017年3月19日(日) 10:01

移行後も悩める事務職員さん、
B監事が重病で、A監事の監査意見の妥当性を判断できない状態にあるとすれば、監査報告書はA監事のみの署名で已むお得ないと思います。
なお、B監事がそのような状態にあり、監査できなかったことは、監査報告書欄外にその旨を記載しておくことをお勧めします。
太田達男
 

Re: 監事の監査報告書への署名について(至急)

投稿記事by 移行後も悩める事務職員 » 2017年3月22日(水) 15:49

ご回答いただきありがとうございます。

回答を受けまして①②再度質問です。

①B氏1名の署名の場合、A氏が病気療養中のため署名できないその理由を監査報告書に記載する必要があるとのことですが、どのような文言が適正でしょうか?
下記の文言で問題はないでしょうか?

「当協会の監事は2名ですが、監事○○氏(A氏)は、病気の療養に専念することが必須な状況にあるため、平成28事業年度に関する監査の職務については、監事○○氏(B氏)1名が執行しました。」


②もし、上記と状況が変わって、A氏から29.3/31をもって辞任する意向が示された場合は、上記①の文言を付する必要はなくなり(2名⇒1名になるので)B氏に監査いただき、署名していただく。
 という流れになる、と理解してよろしいでしょうか?(定款:監事は2名以内)

お手数ですが、ご回答よろしくお願いいたします。
移行後も悩める事務職員
 


Return to B05. 監事・会計監査人