代表理事の予選について

代表理事の予選について

投稿記事by 分からないことばかりの事務員 » 2020年6月03日(水) 17:38

8月の定時評議員会終結のときをもって、全理事の任期が満了します。
これまで理事全員が再任だったことがなかったため、定時評議員会終了後に
書面決議による理事会で代表理事を選定しておりましたが、今回は全員再任となる予定です。
このような場合、「定時評議員会前の決算承認理事会において代表理事を予選することが認められる」と
講習会のテキストに記載があったため、7月の理事会において予選したいと考えております。
が、これまで付議したことがない議案のため、どのような議案を作成すればよいのか全く浮かびません。
類似の案件がありましたら参考にさせて頂きたく投稿いたします。何卒よろしくお願いいたします。
分からないことばかりの事務員
 

Re: 代表理事の予選について

投稿記事by 公益法人協会相談員 上曽山 清 » 2020年6月29日(月) 14:40

わからないことばかりの事務員様

8月の定時評議員会・・・ということですから、まだ間に合いますね。
回答の遅れをお詫び申し上げます。

貴法人の事業年度は6月1日から翌年5月30日でしょうか。
旧理事会と新理事会の理事構成が変わらない、つまり全員再任(重任)であれば、「予選」は可能とされています。ただし、その場合でも、登記実務上は予選時と就任日の間が1か月程度であることが求められているようですので、注意が必要であり、念のため司法書士と相談するか、直接管轄の法務局に確認する方が安全でしょう。
公益法人協会相談員 上曽山 清
 


Return to B04. 理事・代表理事・執行理事