代表理事の任期途中での交代(選定)について

代表理事の任期途中での交代(選定)について

投稿記事by 移行後も悩める事務職員 » 2017年12月18日(月) 11:35

いつもお世話になっております。

現代表理事(A氏)の本来の任期は、H30事業年度に関する定時評議員会終結の時(理事の任期)ですが、H30/3に代表理事を辞任したいご意向であることから、H30.3/15開催予定の(H30予算・事業計画を主議題とする)理事会において、新代表理事(B氏:現理事の方)を選定する決議を行う予定です。
なお、A氏に理事には残っていただく予定です。

そこで質問です。
①B氏からは「H30.3.15に開催する第〇回理事会において代表理事に選定された場合は就任する」の就任承諾書を、A氏からは「H30.3/15に開催する第〇会理事会において、新代表理事が選定された場合は辞任する。」というそれぞれ条件付き(就任日、辞任日はともに3/15となる)の届を事前にもらう予定ですが、文言は適正(登記に有効?)でしょうか?
②B氏が選定された決議の議事録署名はB氏(新代表理事)と出席監事で、A氏(前代表理事)が登記所に届け出ている登記印を押印し、出席監事は個人実印押印し、印鑑証明書も必要と理解していますがよろしいでしょうか?
③もし、みなし理事会選定決議のときは、理事監事全員同意書に実印、印鑑証明が必要で、開催する選定決議の場合は出席代表理事と監事のみと理解していますが、みなしの場合なぜ理事監事全員の実印でなのか、これを機に教えてください。

(参考:議事録条文)
議事録には、出席した会長および監事が記名押印する。ただし、会長が出席しない場合には、出席した理事および監事全員が記名押印する。

ご回答よろしくお願いします。
移行後も悩める事務職員
 

Re: 代表理事の任期途中での交代(選定)について

投稿記事by 移行後も悩める事務職員 » 2017年12月22日(金) 15:13

お世話になっております。

この質問につきまして、法務局に出向く機会があり、回答いただきました。
お騒がせいたしました。
移行後も悩める事務職員
 


Return to B04. 理事・代表理事・執行理事