みなし定時評議員会議事録に記載する評議員総数について

みなし定時評議員会議事録に記載する評議員総数について

投稿記事by 移行後も悩める事務職員 » 2017年5月12日(金) 15:48

いつもお世話になっております。

当財団は、平成28事業年度に関する定時評議員会終結をもって、現評議員(15名)の任期が満了しますので、当該定時評議員会で、新評議員(再任14名)を選任する決議を
みなし(定時)評議員会で行います。(決議のあったとみなされた日を、仮に5/31とします)
現15名の評議員のうち1名(仮にA氏)は、みなし定時評議員会(5/31)をもって退任するため、新評議員は、残りの14名(再任)となる予定です。

質問です。
このとき、みなし定時評議員会議事録に記載する、評議員総数は15名と認識していますが、よろしいでしょうか?
(A氏からは、残り14名候補者名を記載した同意書を、5/31付で署名押印し、提出してもらう予定です)

よろしくお願いします。
移行後も悩める事務職員
 

Re: みなし定時評議員会議事録に記載する評議員総数について

投稿記事by 公益法人協会相談員 » 2017年5月17日(水) 12:58

移行後も悩める事務職員様

現評議員の任期は定時評議員会終結の時まで、すなわちこのケースでは「評議員会の決議があったものとみなされた日」までになると思われます。
従って同意書をいただく行為はそれ以前の話ですので現評議員15名の方から同様のものをいただくことでいいと考えます。
公益法人協会相談員
 


Return to B02. 評議員・評議員会の運営