評議員の選任について

評議員の選任について

投稿記事by 菊池正男 » 2017年4月27日(木) 11:42

初めて質問させていただきます。つたない文書をご容赦ください。
さて、当財団の評議員は、一般財団法人になって最初の任期を迎えます。そこでお尋ねいたします。現在、評議員選定委員になっている者を、新たな評議員として選定する場合、本人が本人を選定することになりますが、この場合は利害関係人として決議に参加させないことになるのでしょうか。
以上、ご教示いただきますと幸甚です。
菊池正男
 

Re: 評議員の選任について

投稿記事by 公法協 上曽山 清 » 2017年5月17日(水) 15:29

菊池正男 様

回答の遅れをお詫び申し上げます。
貴法人は評議員選定委員会で評議員を選任する方式を採用しているわけですね。
評議員選定委員会に限らず、言わば「自分」が「自分」を選任すること(例えば、理事会で代表理事を選定する場合候補たる理事が議決に加わること)は問題ないとされており、唯一解任(職)の場合は議決に加われないとされております。実務上、「自分」を選任する議決には加わらない選択は排除されないと考えられます。

公法協 上曽山 清 
公法協 上曽山 清
 


Return to B02. 評議員・評議員会の運営