評議員会の延期手続き

評議員会の延期手続き

投稿記事by 総務課担当 » 2014年9月18日(木) 11:07

大変お世話になっております。

評議員会の延期手続きについてご照会いたします。

(1)一般社団法人及び一般財団法人法 第192条(延期又は続行の決議)にて「評議員会においてその延期又は続行について決議があった場合には・・」の規定があります。
(2)当社の評議員会運営規則では、「評議員会においては、当該評議員会に係る召集通知に記載又は記録された事項以外について、決議することができない。ただし、評議員会の延期又は続行に係る事項、○○及び○○については、この限りではない。」と規定しています。また、延期する場合の詳細手続きについては、規定していません。

【質問】
理事が招集通知をもって臨時評議員会を招集したものの、理事側(組織)の都合により延期する場合はどのような手続きが適切でしょうか。
決議の省略による評議員会を開催するのでしょうか。
その場合、評議員会を延期し、日時を改める旨の理事の再招集通知をもって、評議員の書面(又は電磁的記録)により同意を得て「評議員会延期」を決議することになりますか。

ご教示いただきたくお願いいたします。
総務課担当
 

Re: 評議員会の延期手続き

投稿記事by 公益法人協会 岡部 亮 » 2014年9月25日(木) 09:33

総務課担当  様

評議員会の招集の決定は理事会で行いますが、この決定内容の変更を理事会で行うことは可能です。ただし評議員に招集通知を出した後のときは、理事会での変更決定後直ちに、時期が差し迫っているときはとりあえず電話ででも、通知する必要があります。この変更の決定は理事会の決議の省略でもできますが、間に合いますでしょうか。
なお、新開催日、場所等は改めて標準であれば1週間前に通知することになります。

追って、これは法人法第192条の延期又は続行の決議とは異なります。この延期または続行は評議員会が開かれたが評議員会の都合が悪いときに評議員会の判断(決議)にて日替え等をお粉図ものです。
公益法人協会 岡部 亮
 

Re: 評議員会の延期手続き

投稿記事by 総務課担当 » 2014年9月26日(金) 20:01

岡部様

大変お世話になっております。
本件、延期手続きについてご教示いただきありがとうございました。

あくまでも理事会により、評議員会の延期に係る決議と改めて再招集通知手続きが必要である旨承知いたしました。
評議員会による延期とは異なる点、理解いたしました。

細かい手続きについて教えていただきありがとうございました。
総務課担当
 


Return to B02. 評議員・評議員会の運営



cron