ページ 11

総会議決の有効期間について

投稿記事Posted: 2014年7月09日(水) 14:35
by 悩みっぱなし
いつもお世話になっております。
 定款運用規定にて「会の運営に必要な借入金の額及び借入方法は総会でこれを定める」と規程されているため、
「所有建物の改築にかかる借入金」議案を前年度の総会で議決しましたが、工事スケジュールの遅れから年度内
に実行できず次年度にズレ込んでしまいました。
 このような場合、総会で改めて決議した方がよいでしょうか?総会の議決に有効期間はあるのでしょうか?
 ご教示いただければ幸いです、
①ちなみに決議内容で有効期間は限定していません。改築にかかる「借入金額上限」と「借入金額及びその
  方法は理事会に一任」する内容です。
②また前年度、本年度と会の財政内容に大きな変動はありません。

Re: 総会議決の有効期間について

投稿記事Posted: 2014年7月14日(月) 12:47
by 公益法人協会
悩みっぱなし   様

「決議内容で有効期間は限定していません。」ということであれば、極論すると無期限に有効です。一般に決議は正当に成立したときはその効力は確定し、以後の社員総会で変更するまで引き続き有効です。例えば会員規程や社員総会運営規程を社員総会で制定決議をしたときを想定ください。
とはいえ、改築資金の借り入れ決議等であれば、あまりに長く放置すると事情の変更があるかもしれず、昔決議したからといって機械的に実行するのは不適切な場合もあり得ます。そうであるかどうかは常識で判断することになりましょうが、1~2年の遅延であり、また「前年度、本年度と会の財政内容に大きな変動はありません。」ということであれば、現時点で社員総会の再決議(確認決議)を得る必要はないと思います。