移転費用ついて

移転費用ついて

投稿記事by いつも悩む公益法人 » 2018年1月19日(金) 10:51

いつも大変お世話になっております。

事務所移転費用についてご質問です。

正味財産増減計算書内訳表を作成するに当たり、実施事業会計・その他会計・法人会計に
職員数比率や面積比率等で按分すべきなのでしょうか?
もしくは、100%法人会計とすべきでしょうか?

ご教示よろしくお願いいたします。
いつも悩む公益法人
 

Re: 移転費用ついて

投稿記事by 公法協相談員星田寛 » 2018年1月23日(火) 12:41

いつも悩む公益法人 様

メールありがとうございます。
事務所移転の費用の内容が分かりません。また、会計の専門家ではありませんが一般的なことを述べます。
一般に、事務所移転の費用は管理活動のための管理費として会計処理されるものと考えます。
費用の内容によってはすべて法人会計とすることもありえますが、しかし、実施事業?公益目的事業等にかかる共通経費として考えられる経費については、会計区分に従い費用配賦することも合理的と考えます。
ついては、引越しに要する経費、今の事務所の整理にかかる経費、新たな事務所の各事業に活用するスペース等にかかる経費など、費用の内容に応じて会計区分することも可能と考えますので、そのうち共通する費用は適正な配賦基準により会計区分に配賦することも可能と考えます。具体的には専門家に相談・確認されてはいかがでしょうか。
                                                                以上 星田寛
公法協相談員星田寛
 


Return to A01. 一般法人制度全般



cron